悔しすぎた友達の裏切りと寝取られ

これは私が学生だった頃の話です。

昔から明るく活発が取り柄だった私は、男女関係なく友達が多くいました。

人を好きになることも多く告白の経験なども過去にありましたが、ほとんどが友達としてしか見れない。

女じゃなく男友達みたいと言われ断られることが多かったです。

そんなことが多かったので女の子らしくしようと、見た目、言葉遣い、立ち振る舞いを勉強しました。

ある時、同じ塾に通う男の子を好きになりました。

イケメンで明るくそれでいてさりげない優しさを持ち合わせてる彼は本当にカッコ良かったです。

いつもなら積極的に話しかけに行くのですが、緊張してそれすらままならなくなりました。

仲が良かった女友達にそのことを相談しました。

彼女は親身になってくれ、なんとか彼とも話ができるようになりました。

だんだんと仲良くなってきて、塾仲間で遊びに行くことになり私は気合満々で準備に力を入れました。

当日みんなで集まってボーリングに行きました。

ジャンケンでチーム対抗になったのですが、残念ながら彼とは別チームになりました。

彼のチームには私の相談にのってくれていた友達がいました。

その友達が彼と凄く楽しそうに笑いあってるのをみて、何だか複雑でした。

ボーリング以降、友達と彼と私は急接近しました。

3人でも遊びました。

すると、彼女から彼と付き合うことになったと突然告白されました。

しかも体も親密な関係になり、エッチももう済ませたということです。

急接近したのは、彼と友達だったみたいで私は2人の間を持つ役目だったことがわかりました。

彼女も彼と話すようになって惹かれていったらしく、悔しさと辛さで2人から離れました。

2人はそのまま長く付き合いましたが、私はその2人とは未だに連絡がとれないままです。

二度と恋愛相談はしないと心に決めた思い出です。

合コンで隣だった旦那とのなれそめ

今の旦那との出会いによる私の親友とのいざこざ話です。
今の旦那と知り合ったのは私が当時23歳、旦那は二十歳でした。
一番最初の出会いは私の友達の伝で開催された合コン。

ところがその合コンでは隣に旦那が座ったにもかかわらず、私は年下に興味なかったこと、当時旦那も年上に興味がなかったことで、ほとんど会話はなく、お互い逆隣に座った異性と話していました。

そうして最初の合コンは終わり、数か月が経ったころ、今度は私たちの女性陣のメンバーでちょうど、恋愛経験がなかった私の大親友がいたので、その親友にも出会いの場を作る機会を設けようと、もう一度同じメンズメンバーを呼んで合コンをすることにしました。
メンズメンバーの内数人は、当日仕事の都合で来れない人も居たのですが、今の旦那を含め5名来ていました。
こちらは4名しかいなかったのでちょっと申し訳なかったのですが。

2度目の合コンでは今の旦那が私の大親友の隣に座りました。
隣同士で色々話が盛り上がったのか合コンの最後にはメールアドレスを交換していました。
私は当時大親友を応援していましたし、まったく旦那に興味はありませんでした。

親友も旦那を気になり、その後も旦那とメールを繰り返すうちにだんだんと好きになっていったようです。
もちろんまだ告白するような状況までは発展はしていなかったようですが。

親友が旦那とメールをするようになって数か月して、突如親友から私と親友と旦那の三人で飲みに行きたいと話をしてきました。
私は当然、親友を応援しているので、その飲み会の最中、色々二人が両思いなのか探りを入れるため話題を振っていました。
ところが旦那は完全にその話題をすぐに断ち切るように、話題を変えてきました。

それを見ていて私は旦那が親友にまったく興味がないんだなと感じ取ったのです。
それを機に親友には、まったく相手は興味を示してないようだから、別な人をまた探した方が良いというようなことを言った覚えがあります。
ところが親友から返ってきた言葉は「実は私に興味を示しているんじゃなくて、あなたにらしいよ」とのこと。
とても驚きました。

そもそも合コンでもほとんど話もしなかったのに、旦那は実は私と話がしたくて、親友を伝に私を飲み会に呼び出し、その機会を作ったとのことだったのです。
このまま親友が一回でも気になった男性と親密になるのは明らかに親友を傷付けると思ったのですが、とりあえず親友から旦那のアドレスを教えてもらったので、メールをしてみることにしました。

メールを繰り返すうちに、本当に2回目の合コンの時から私だけを見ていたようでした。
私と話をしたくても、2回目の合コンでは隣に座れなかったので、話しかけられなかったとのことでした。
1回目の合コンは別な女性に興味があったのは確かだったらしいですけれどね。

ただそれからというもの、色々話をしていくうちに私もこの人となら付き合ってもいいかなと考えるようになり、本当に親友には申し訳なく、略奪的な形にも見える恋愛になってしまいましたが今の旦那と付き合い、3年後に結婚しました。

今では親友とは笑い話で済んでいますが、当時は親友が好きになった相手を私が奪うような感じで、親友はかなり落ち込んでいたようです。
一時は私も今の旦那と付き合うことを親友に言おうか迷ったのですが、迷った挙句決意して報告した時は、親友が落ち込んでしばらく音信不通となったこともありました。

それでも恋愛の傷は時間が癒してくれるものです。

親友に新たに好きな人ができた時、私は今度こそ恋愛成就の援助をしようと、親友とそのお相手男性との二入の時間をなるべく作るように手配したり、親友の相談に乗ってあげたりしました。

今ではそのお相手男性と親友は結婚し、家庭を築いており、家族ぐるみで今なお仲良くしています。

女性用風俗(デリヘル)のメリット・デメリット